バルカン半島旅行記

ヨーロッパのバルカン半島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

クロアチア

スプリットからモスタルへ

クロアチアのスプリット観光後は、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへ。 スプリットからモスタルは、約160km、バスで約4時間です。 クロアチアのダルマチア地方の山間部を南下して行きます。 Kokorići 村 Otrić-Seoci 村

スプリット(クロアチア)

旧市街 石畳の狭い路地が張り巡らされています

スプリット(クロアチア)

旧市街 かわいいポスト 補強の柱に花の絵が 壁に絵が描かれているところがありました。 落書きなのかアートなのかは分かりませんが綺麗でした。 ディオクレティアヌス宮殿に光が差し込んでる絵 中は水飲み場みたいになっていました。

スプリット(クロアチア)

金の門を出た所にある『グルグール・ニンスキの像』 グルグール・ニンスキ司教は、10世紀に実在した人物で、それまでラテン語のみで行われていたミサにクロアチア語を導入しスラブ言語の保護に貢献したクロアチアの英雄です。 左足の親指に触れると願いが…

金の門(スプリット)

『金の門』は、ディオクレティアヌス宮殿の北側にある門で、宮殿の表玄関になる門です。 門の外側 門の内側から

スプリット(クロアチア)

ディオクレティアヌス宮殿東側の「銀の門」 旧市街は細い路地が入り組んでいます。

ペリスティル(スプリット)

旧市街の中心に位置する『ペリスティル』と呼ばれる広場。 東西に12本のコリント式の石柱が立ち並んでいます。 3世紀後半にディオクレティアヌス皇帝がエジプトに遠征した際に持ち帰ったと言われる『スフィンクス像』。 ぺリスティルの東側にある大聖堂と…

スプリット(クロアチア)

青銅の門からペリスティルへ続く地下通路の両脇には、お土産屋さんがずらりと軒を連ねています。 地下通路からペリスティルへ続く階段 階段から振り返った景色 ペリスティル側から見た地下通路 旧市街の中心に位置する『ペリスティル』と呼ばれる広場。

スプリット(クロアチア)

スプリットはカシテラ湾とスプリット海峡の間にある半島に位置するクロアチア第2の都市です。 アドリア海に面した港町の旧市街は、ローマ皇帝ディオクレティアヌスが建造した宮殿そのものが旧市街になったという珍しい背景を持った世界遺産登録もされている…

シベニクからスプリットへ

シベニク観光後はスプリットへ シベニクからスプリットは、約88km、バスで約1時間半です。 夕暮れの空

シベニク(クロアチア)

大通り 港へ続く道 シベニク港

シベニク(クロアチア)

15世紀に建てられた『聖イヴァン教会』 鐘楼 教会の窓枠に細かい彫刻が施されていました。 石畳が続く路地 ハプスブルク帝国時代に建てられた劇場 アイスクリーム屋 アジア人が珍しいのか子供たちがずっとついてきていたので、話しかけると一緒に写真を撮…

シベニク(クロアチア)

建物の多くは石造りで緑色の窓の扉になっていました。 冒険心をくすぐる細い路地がいっぱいです。 マンホールのふた 路地脇にあった「犬の水飲み場」 「猫の水飲み場」 犬や猫の為に作られた水飲み場があるなんて素敵な街です! 猫ちゃんたち 壁に広がる藤の…

シベニク(クロアチア)

聖ヤコブ大聖堂横 聖ヤコブ大聖堂のむかいにある建物 レプブリカ広場 レプブリカ広場脇の階段 階段の踊り場から 旧市街の路地は石畳になっています 聖バルバラ教会 15世紀に建てられたゴシック様式の教会です。 屋根の上にはデザインの違う鐘楼が2つあり…

シベニクの聖ヤコブ大聖堂(Cathedral of St. James, Sibenik)

ドームの下には、大天使ミカエルの像があり、悪魔を槍で突き刺しています。 大聖堂の外壁には、建築家ユダイ・ダルマティナッツによって人面の彫刻が施されています。 当時の一般市民の顔をモデルにしたと言われるその彫刻は、老若男女、様々な風貌と表情を…

シベニクの聖ヤコブ大聖堂(Cathedral of St. James, Sibenik)

シベニクの旧市街にある、1431年~1555年にかけて建設された聖ヤコブ大聖堂です。 レンガや木の支柱を使わない石造り建築として世界一の規模を誇る教会で、世界遺産にも登録されています。 聖ヤコブ大聖堂の建築には、約120年もようし、その間、…

シベニク(クロアチア)

シベニク(Sibenik)はクロアチアのほぼ中央に位置し、アドリア海に面した都市の中でも、一番に古い歴史を持つ都市です。 アドリア海に注ぐクルカ川の河口に開けたシベニクは、アドリア海の要塞として、また内陸部とアドリア海を結ぶ海上交通の要として発展…

プリトヴィッツェからシベニクへ

プリトヴィッツェ観光の後はシベニクへ プリトヴィッツェからシベニクは、約190km、バスで約3時間です。 アドリア海 高速の料金所

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

コズィヤク湖(jezero Kozjak) 遊覧船乗り場P3前の広場 レストランやお土産屋、休憩スペースなどがあります。 遊覧船乗り場P3 P3からP2へ 遊覧船乗り場P2

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

ミラノヴァツ湖(Milanovac jezero) ミラノヴァチュキ滝(Milanovacki Slap)

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

ミルカ・トルニナ滝(Milke Trnine Slap) ミラノヴァツ湖(Milanovac jezero)

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

ガヴァノヴァツ湖(Gavanovac jezero) ミルカ・トルニナ滝(Milke Trnine Slap)

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

カルジェロヴァツ湖(Kaluđerovac jezero) シュプリャラ洞窟(Šupljara cave) シュプリャラ洞窟には入ることもできます

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

サスタヴツィ滝(Sastavci Slap) ヴェリキ滝(Veliki Slap) ヴェリキ滝は、落差78mの、プリトヴィッツェ最大の滝です。 湖畔はすべて木道になっており、狭く手すりもないので、人とすれ違うたびに落ちそうになります。

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

カルジェロヴァツ湖(Kaluđerovac jezero) ノヴァコヴィツァ・ブロッド湖(Novakovića Brod jezero)

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

ヴェリキ滝(Veliki Slap) カルジェロヴァツ湖(Kaluđerovac jezero)とノヴァコヴィツァ・ブロッド湖(Novakovića Brod jezero)

プリトヴィッツェ湖国立公園(クロアチア)

プリトヴィッツェ湖国立公園は、クロアチアの首都ザグレブから南に約110km、クロアチアの「リカ地方」と呼ばれるエリアに位置し、マラ・カペラ山脈とリチカ・プリェシャヴィッツァ山脈に囲まれた国立公園です。 琵琶湖の半分ぐらいもある公園内には大小合…

ラストケ村(クロアチア)

ラストケ村は、プリトヴィッツェ国立湖群公園の約30キロ北部に位置するスルニという自治体に属し、スルンチツァ川とコラナ川の合流点にあるとても珍しい地形の村です。 スルンチツァ川とコラナ川が合流する中州のような地形にあるため、村の家々の間を小川…

オパティアからプリトヴィッツェへ(クロアチア)

4日目はオパティアからプリトヴィッツェへ オパティアからプリトヴィッツェは、約185km、バスで約3時間です。 オパティア出発 プリトヴィッツェ国立湖群公園の北、約30キロにあるスルニ村。

オパティアの夜(クロアチア)

オパティア(クロアチア)

メイン通り 海岸沿いの公園 豪快に遊ぶ若者

オパティア(クロアチア)

マリーナ ホテル アガヴァ オパティアのメイン通り ホテル コンチネンタル

オパティアのマリーナ(クロアチア)

オパティアから見るエリカ

オパティア(クロアチア)

ホテル クバルネル アンジョリーナ公園 オパティアがリゾート地として発展したきっかけは、1844年にオパティア近郊のリエカという町に住む富豪イジニオ・スカルパがここに別荘を建てたことに始まります。 彼は別荘に妻の名前をとって「ヴィラ・アンジョ…

オパティア(クロアチア)

少女とカモメの像 水中観光船 元気なおじさん

オパティア(クロアチア)

海岸沿いにある公園 マリア様の像 聖ヤコブ教会

オパティア(クロアチア)

海岸沿いの遊歩道にあった銅像

オパティア(クロアチア)

少女とカモメの像

オパティア(クロアチア)

オパティア(Opatija)は、「クロアチアの貴婦人」、「クロアチアのリヴィエラ」とも賞される優雅な高級リゾート地で、19世紀にオーストリア・ハンガリー帝国の貴族の避暑地として発展した街です。 アドリア海 海沿いには花屋が並んでいました

モトブンからオパティアへ

モトブン観光後オパティアへ イストリア半島内陸部 アドリア海とオパティアの街

モトブン(クロアチア)

セルフアイスクリーム屋 民家の庭に ワニがいました 町の入口にあるお土産屋 木彫りのブタ

モトブン(クロアチア)

モトブン(クロアチア)

城壁 北門 北門からの眺め

モトブン(クロアチア)

城壁へ 城壁からの眺め 聖ステパノ教会

モトブン(クロアチア)

城壁内部から 聖ステパノ教会 鐘楼 メイン広場

モトブン(クロアチア)

ここでランチ スープ サラダ トリュフパスタ モトブンの周りには「トリュフの森」と 呼ばれる豊かな森が広がり、世界有数のトリュフの名産地として知られています。 デザート 路地から ネコちゃんが

モトブン(クロアチア)

モトブン(クロアチア)

北門 北門の上部には、敵の侵入を防ぐため、石や熱湯などを落下させる「石落」があります。 北門内部 左側の壁には、代々の有翼ライオンのレリーフが展示されています。 内側から見た北門

モトブン(クロアチア)

モトブン(クロアチア)

クロアチアのイストラ半島の中心部にある町「モトブン(Motovun)」。ぶどう畑が広がる、なだらかな土地に突如現れた、小高い丘の上に築かれた町です。 中世の面影を色濃く残す、赤い屋根の民家と古い石畳の路地が入り組む街並。人口は、わずか1000人程…