バルカン半島旅行記

ヨーロッパのバルカン半島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

ロヴィニ(クロアチア)

 

トー広場に面して建っているのがかつての城門バルビ門

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092857j:plain

 

 

門にはヴェネチア共和国の象徴「翼を持つ獅子」と、町の有力者であった「バルビ家の紋章」が掲げてあります。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092901j:plain

 

 

1860年、ヴェネチア統治時代に建てられた旧市街への入り口です。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092904j:plain

 

 

バルビ門を潜ってすぐ左にあるカラフルな建物。ベネチア共和国統治下の市庁舎で、現在はロヴィニ市議会の建物として使用されています。この壁にも「翼を持つ獅子」の紋章が掲げてありました。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092908j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092912j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092916j:plain

 

 

 

古井戸

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092919j:plain

 

 

 

マンホール

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092923j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092927j:plain

 

 

ロヴィニの旧市街地は全て石畳になっています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170511092930j:plain