バルカン半島旅行記

ヨーロッパのバルカン半島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

モスタルからドゥブロヴニクへ

 

クロアチア南部のRaba村(手前)とペリェシャツ半島(奥)

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070428j:plain

 

 

 

 

Duboka​​​​​​​村

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070434j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070443j:plain

 

 

 

 

Klek村

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070447j:plain

 

 

 

 

kljestac島

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070450j:plain

 

 

 

 

アドリア海

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070454j:plain

 

 

 

 

アドリア海ペリェシャツ半島

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070544j:plain

 

 

 

 

クロアチアボスニア・ヘルツェゴヴィナの国境

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070549j:plain

 

 

バスの中でクロアチアの出国審査を受け、再びボスニア・ヘルツェゴヴィナに入ります。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070552j:plain

 

 

国境を抜けるとボスニア・ヘルツェゴヴィナネウム(Neum)という町に入ります。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070556j:plain

 

 

ボスニア・ヘルツェゴヴィナは海岸沿いをクロアチアに囲まれた内陸国ですが、クロアチアダルマチア地方(アドリア海沿岸)に、ボスニア・ヘルツェゴビナの領土である町ネウム(Neum)が僅か21kmだけ飛び出しています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070559j:plain

 

 

ネウムの町の内陸部は山地になっており、細い道しか通じていません。ドブロヴニクがクロアチアの飛び地になっているように、ネウムは両脇をクロアチアに挟まれた町になっています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070607j:plain

 

 

ネウムは住民の大半がクロアチア人でありながら、歴史的に紛争の多いこの地域において、緩衝地帯としての役割を果たすために引かれた国境線の影響を、今日も引き継いでいる町です。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070603j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170730070607j:plain