バルカン半島旅行記

ヨーロッパのバルカン半島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

ドゥブロヴニク旧市街(クロアチア)

 

ドゥブロヴニク旧市街は、クロアチア最南端の街でアドリア海に面した城塞都市です。

 

アドリア海の宝石」や「アドリア海の真珠」と呼ばれ、ヨーロッパではもっとも美しい地中海都市のひとつとされているドゥブロヴニク旧市街は、13世紀以降に地中海交易の拠点として栄えました。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091433j:plain

 

 

ドブロブニク旧市街は「自由と自治」を守るために築かれた、堅固な城壁に囲まれています。その全長1940mにもなる城壁は遊歩道となっており、絶景を見渡せます。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091439j:plain

 

 

 

 

旧港

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091445j:plain

 

 

 

 

ドゥブロヴニク旧市街への出入り口は3ヵ所あり、その一つの北東にある門『プロチェ門』

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091452j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091459j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091505j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091512j:plain

 

 

 

 

門の上には街の守護神聖人である「聖ヴラホ」の像があります。

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091518j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806094034j:plain

 

 

 

 

門内からの眺め

 

f:id:soranchu_HiRo:20170806091524j:plain