バリ島旅行記

バリ島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

バリ島北部

 

ブサキ寺院観光後は、バリ島北部のキンタマーニ高原へ。

 

キンタマーニへ向かう途中、天気が良くなってきてアグン山の全景が見えました。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028161936j:plain

 

 

アグン山(Gunung Agung)は、バリ島の北東部に位置する成層火山です。標高は3,142mでバリ島で最も高く、古くより聖なる山として崇拝の対象となっている山です。

 

これまでにも度々噴火していますが、前回の1963~64年の噴火では1,000人を超える犠牲者を出しました。2017年8月以降、火山活動が活発化し、噴火の危険性が高まっている山です。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028161943j:plain

 

 

 

 

バトゥール山バトゥール湖

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162004j:plain

 

 

バトゥール山(Gunung Batur)は、バリ島北部のキンタマーニ高原にある、バリ島で3番目の高さ標高1,717mの山です。

 

バトゥール湖(Lake Batur)は、大型のカルデラを持つバトゥール山の南東部にあり、バリ島の水源となっている湖です。川や泉を生み出した女神の住み家といわれ、バリ島の人々の信仰の対象として世界遺産にも登録されています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162011j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162021j:plain

 

 

バトゥール山は過去に知られているだけで16回も噴火した活火山で、山の上は爆発で吹き飛ばされ、いくつも火口があります。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162028j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162034j:plain

 

 

もともとバリ島は火山活動で出来た島ですが、最も活発なバトゥール山は特別な山で地球のエネルギーが最もみなぎるポイント(チャクラ)とされ、神聖視されています。また典型的なカルデラ地形で、火山活動で出来た外輪山とバトゥール湖の存在が、バリ髄一の景勝地キンタマーニの名称でバリ島を代表する観光地となっています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162042j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162052j:plain

 

 

 

 

バトゥール山(左)とバトゥール湖アバン山(右)

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162058j:plain

 

 

 

 

アバン山

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028162105j:plain

 

 

アバン山(Gunnung Abang)は、キンタマーニ高原の外輪山東部にある、標高2,153mの山です。