バリ島旅行記

バリ島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

キンタマーニ高原

 

キンタマーニ高原は、バリ島北部の1,500m以上の標高に位置し、常夏のバリの中でも涼しく、避暑地・リゾート地として知られています。バトゥール山とアバン山が望め、足元にはバトゥール湖が広がります。

 

 

 

 

 

バトゥール山

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173123j:plain

 

 

 

 

バトゥール山外輪

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173129j:plain

 

 

 

 

バトゥール山

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173139j:plain

 

 

バトゥール山キンタマーニ高原の中心にある活火山で、1804年から2000年までに26回の噴火があったと記録されています。1917年と1926年には、大噴火を起こし、頂上が角のようになりました。今もバトゥール山の山肌には黒々とした溶岩流の痕跡が残っています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173148j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173200j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173211j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173218j:plain

 

 

 

 

バトゥール山(左)とバトゥール湖アバン山(右)

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173250j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173230j:plain

 

 

 

 

バトゥール山

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173242j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173555j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028173605j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171028182111j:plain

 

 

広告を非表示にする