シンガポール旅行記

シンガポールに旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

ティルタ・ウンプル寺院(Pura Tirta Empul) -1-

 

 

グヌン・カウィ・スバトゥ寺院観光後は、ティルタ・ウンプル寺院へ。

 

グヌン・カウィ・スバトゥ寺院からティルタ・ウンプル寺院は、約5km、バイクで20分ほどです。

 

 

 

 

 

ティルタ・ウンプル寺院(Pura Tirta Empul)は、ウブドの北、タンパクシリンにある寺院で「聖なる泉が沸く寺院」として、大変よく知られているお寺です。 


伝説によるとこの寺院に沸く泉は962年に発見され、魔王マヤ・ダナワと戦ったインドラ神が、大地を杖で突き不老不死の水アメルタを沸きださせた場所とされています。

 

寺院の外には、寺院内に沸く泉の水を引いた沐浴場があり、祭礼の時には多くのヒンドゥー信者がここで沐浴(ムルカット・清めの沐浴)をし、寺院でお祈りを捧げます。また、この泉から沸く聖水は、無病息災の力があると信じられており、ペットボトルやポリタンクを持って聖水を頂きに来る人も多くいます。

 

また、「パクリサン川流域のスバック景観」として世界遺産にも登録されています。

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101837j:plain

 

 

  ティルタ・ウンプル寺院へ向かう途中見えたアグン山

 

  

f:id:soranchu_HiRo:20171126101844j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101850j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101857j:plain

 

 

 

 

入口を入って右手にあるインドラ神の像

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101903j:plain

 

 

インドラ神は、悪王マヤ・ダワナと戦って討ち果たし、大地を杖でたたき不老不死の水アメルタを湧き出させたという伝説があります。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101912j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101920j:plain

 

 

 

 

ご神木の巨大なガジュマルの木

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101935j:plain

 

 

バリ・ヒンドゥーにとってガジュマルは神聖な木とされています。バリの人はここに来たら、最初にここでお参りをするそうです。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101942j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126101955j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126102008j:plain

 

 

 

 

 沐浴場

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126102017j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126102024j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126102033j:plain

 

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20171126102046j:plain