読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダ イエローナイフ旅行記

カナダのイエローナイフにオーロラを見に行ってきたのでその様子を伝えていきたいと思います

アイスロード(Ice Road)

カナダ・イエローナイフ

 

アイスロード入口

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071548j:plain

 

 

入口には、通行できる車種と重量が看板で示されています。

 

自分が訪れたときは、20トンを超えるトラックは通行できないことになっていました。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071543j:plain

 

 

ここが氷の上だとは思えません

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071539j:plain

 

 

看板も立っています

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071531j:plain

 

 

『ゴミ捨て厳禁』

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071535j:plain

 

 

アイスロードから見たダウンタウン

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071527j:plain

 

 

新雪

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071519j:plain

 

 

所々、アイスロードへ入る道ができています。

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071507j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071502j:plain

 

 

デタ村まで続きます

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170320071458j:plain

 

 

デタ村行きのアイスロード以外にも、鉱山行きのアイスロードもあります。イエローナイフの人はアイスロードと言われればこちらを指すそうです。

 

イエローナイフから北は、ダイヤモンドや金銀の鉱山が多数あり、夏の間は飛行機を使って物資や人を運送しているが、重機を運ぶことができないうえにコストがかかる。そのため冬の間に大型トラックがアイスロードを通って、物資を運搬します。

 

鉱山行きのアイスロードは、50トン超えのトレーラーで鉱山に物資を運ぶために整備される、「産業道路」であります。オーロラ鑑賞で使う高速道・イングラハム トレイルの終点から本線は始まり、総延長は約500キロ。ここを、ほんの2ヶ月の間に8000台以上のトレーラーを運行させ、鉱山に一年分の燃料と重機、重量物を運び込むそうです。

 

オーロラ鑑賞時通りましたが、アメリカンな大型トレーラーが雪煙を巻き上げながら、往来していました。

 

このアイスロードを走るトラック運転手を追った『Ice Road Truckers アイスロード・トラッカーズ』というドキュメンタリー番組もあり、街のお土産屋さんにはTシャツなども売っていました。