バルカン半島旅行記

ヨーロッパのバルカン半島に旅行に行ってきたのでその様子を伝えていきます

オパティア(クロアチア)

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094216j:plain

 

 

 

ホテル クバルネル

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094222j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094230j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094236j:plain

 

 

アンジョリーナ公園

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094244j:plain

 

オパティアがリゾート地として発展したきっかけは、1844年にオパティア近郊のリエカという町に住む富豪イジニオ・スカルパがここに別荘を建てたことに始まります。

 

彼は別荘に妻の名前をとって「ヴィラ・アンジョリーナ」と名づけ、敷地内に東アジア、オーストラリア、南米などから持ち込まれた異国情緒あふれる植物を植えました。

 

ピンクの建物が「ヴィラ・アンジョリーナ」です。

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094250j:plain

 

このヴィラ・アンジョリーナにオーストリア皇帝フェルディナント1世の皇妃マリア・アンナが招待されたのを機に、オパティアの存在は広く知られるようになりました。

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094257j:plain

 

 

 

公園内の壁に有名人の顔が描かれていました。

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094304j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094310j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094316j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094323j:plain

 

 

 

アインシュタイン

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094331j:plain

 

 

 

 

f:id:soranchu_HiRo:20170611094340j:plain